TOPへ

医療福祉相談Q&A

Q 精神科の受診や入院は初めてで不安です。誰に相談すればよいのですか?

A 精神科の受診や入院に対しては、不安や戸惑いも大きいと思います。また、精神科病院に暗く閉鎖的なイメージをお持ちの方もおられると思います。そのため、受診や入院前のご相談や病院の見学も可能です。お気軽にご相談下さい。
*プライバシー保護のため、見学範囲は限定されます。ご了承下さい。

Q 精神科の入院は長くなるイメージがあり心配です。

A 精神科も現在は他の病気と同様に早期発見・早期治療となっており、入院期間も昔に比べて短くなっています。

Q 通院費が心配です。医療費の負担を軽くする方法はありますか。

A 継続した治療を必要とする場合、自立支援医療を申請していただき認定を受けると医療費の9割が支給され 自己負担は1割となります。所得によりその自己負担に上限が設定されています。
*国民健康保険加入で大阪府在住の方については、国民健康保険が給付を行なうので、本人負担は生じません。

Q 入院費はどれくらいかかりますか

A 入院される方には限度額適用認定証(窓口は各保険者)をおすすめしています。制度を利用する事により収入に応じて1ヶ月の支払い限度額で請求させていただきます。詳しくは入院手続きの際ご確認ください。

Q 退院後の生活が不安です。

A 入院中にケースワーカーと一緒に個々の生活に応じた退院準備をお手伝いさせていただきます。各病棟に担当者がいますので安心してご相談下さい。退院後の訪問看護や外来通院で継続治療もお手伝いします。また、ご家族からの相談もお受けしています。

Q 精神保健福祉手帳や障害年金の申請はできますか。

A 申請には決められた要件を満たす必要があります。詳しくはご相談下さい。
(精神保健福祉手帳)

  • ・精神科初診より6ヶ月経過している。
  • ・障害の程度が1級から3級に該当している。
  • ・障害年金受給中の方は年金に合わせた等級で手帳が取得できます。

(障害年金)
A 申請には決められた要件を満たす必要があります。
  • ・初診から1年6ヶ月経過している。
  • ・初診時に20歳未満か、一定の保険料納付要件を満たしている。
  • ・障害の程度が該当している(国民年金の方は1級~2級、厚生年金の方は1級~3級)。



スマートフォン、ゲーム依存症について今後対応する予定です。